« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

数年ぶり

マンガ、買いすぎです。

分かっているけれど、もっと読みたい。スポーツマンガが、個人的にブームです。

そんな中、今日は、このマンガを購入。

Book DEAR BOYS ACT2 (24)

著者:八神 ひろき
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

以前、途中まで買っていました。バスケットボールのマンガです。

主人公・哀川の所属するバスケ部がインターハイ出場を決めたところまで読んで、その後は全く読んでいませんでした。月刊誌だから、コミックスが出るペースが遅いんです。

15巻から買いました。

インターハイ、まだ終わっていません。長い。初めてこのマンガを知ったのは、中学生のときでした。(ACTⅡの前のとき。)ここまできたら、そう簡単に終わってほしくありません。

コミックスの表紙や中にあるカラーピンナップのキャラクターのポージングがカッコ良いです。

昔と比べると、絵柄もキャラクターの性格も変わってきていると思います。十年以上、連載しているからね。

当然、後付設定というのもあると思うんですが、天童寺の校長が哀川の父親でコーチが兄とういのは、当初からの設定だったのかが、何故か気になります。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月29日 (木)

なんて素敵な野球マンガ

全巻揃えました。

おおきく振りかぶって (1) Book おおきく振りかぶって (1)

著者:ひぐち アサ
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

評判どおりの面白いマンガです。

中学ではダメピーと言われていた主人公・三橋が、軟式から硬式に変わったばかりで、部員が1年生10人の野球部で、甲子園を目指す話です。

主人公なのに、自分に自信がなくて、おどおどして、挙動不審で、卑屈な性格をしています。が、ピッチャーというポジションへの拘りは強く、ダメピーと言われながらも、抜群のボールコントロールを持っています。ちょっと変わった主人公なところも、ポイントが高い。

三橋と同じ部のみんなが、すごくいい子たちで、高校生だよ、野球してるよ、青春だよ、って、こんなチームならマネージャーをやってみたい感じです。

好きになるマンガには、お気に入りのキャラクターがでてくるんですが、まず、三橋とバッテリーを組むキャッチャーの阿部。1巻を読むと、性格はかなり自信過剰でオレ様です。キャッチャーなだけあって、野球の知識はすごいですが、プロフィールを見ると体格はキャッチャー向きでないような。170cm、55kgって体、薄くないですか?なんだかんだいっても、顔と性格が私好みでした。

もうひとりは、同じチームの4番、田島。野球センスは天才だけど小柄。試合中の田島はカッコ良いです。

あと、他校になるけれど、武蔵野第一の榛名。このオレ様ピッチャーも気になります。(阿部のことをタカヤって名前で呼ぶの、榛名だけなところもポイント大。)

このマンガ4月からアニメ化するんですが、時間帯が深夜なんですよね。もうちょっと、早い時間なら、もっといろんな人が見る可能性が高いと思うのに、それがちょっと残念。アフタヌーン連載のマンガだから、小中学生はなかなか手にとる機会がないマンガだと思うんです。

でも、今はアニメ化することもあってか、たいていの本屋で平積みで置かれているので、読む人が増えるといいな、と思ってます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月)

えー、なんかちょっと…

昨日、新堂本兄弟にTMRというか西川くんが出演だったので、楽しみにして見ていたんです。ビデオに録画もして。

西川くんの個人のファンではないです。

でも、TMRの新曲が出る度に、チェックはしてます。曲を作っている大ちゃんが好きだから。大ちゃんの曲に西川くんの声がのっているのを聞くのは好きです。

だから、期待してたんです。新堂本兄弟には大ちゃんがメンバーとして出演しているから。

で、実際に見たら。

一問一答のコーナー、やっぱり、後ろに大ちゃんはいないか。それにしても、西川くんが質問に答える度に、キンキの二人が後ろから話しを振ってくるので、なんかテンポがグダグダで面白くありませんでした。もっと、話を広げてほしいな。

ライブは、いつもより大ちゃんのカットが多かったです。でも、それだけかな。西川くんと大ちゃんが同じカメラのアングルに収まるのが見たかったんですが。もう、そういうの無理かな。

ちょっと、悲しいです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

どこにお金があるのでしょうか

春物の服を購入。

スカートとカットソーとチュニックとボレロ風のカーディガン。

カードで購入したので、定価より7%オフだったけど、それでも、私にしたら、けっこうな金額でした。

いつも買うお店は決まっているのですが、初めてSUIVI.の服を買ってみました。

前からかわいいなーと思っていたのだけれど、私には似合わないと思ってなかなか手がでなかったのです。

いつ着ようかな。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

バスケマンガ好き

本屋のマンガコーナーで、平積みになっていたんです。店員さんの手書きPOPもあって、これは面白そうかも、と1巻と2巻を買って、その後、2~3日置きに数冊づつ購入していきました。

いっきに買えばいいんだろうけど、マンガのまとめ買いは恥ずかしいです。(でも、買うのはやめられない。)

あひるの空 Vol.1 (1) Book あひるの空 Vol.1 (1)

著者:日向 武史
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

身長149cmの高校1年生・空が主人公です。ミニバス時代は身長が低いために試合に一度も出れなくて、中学は全校生徒8人の学校で試合もできなくて、インターハイに出場すると母親に約束して入学した高校のバスケ部は不良の溜り場で・・・。と、少年マンガの展開です。

話の内容も好きですが、キャラクターの台詞が好きです。コミックスの裏表紙には、その巻の台詞がひとつ載っているんですが、14巻の台詞が好きです。この台詞が気になったのも、このマンガを買った理由のひとつです。(14巻の新丸子対横浜大栄戦の話は良いです。)

茂吉とかトキワさんとか白石とか、女の子が好きそうなキャラクターも多いです。それと同じくらい、面白いキャラクターがいっぱいです。千秋とか。男性女性関係なく、楽しめると思います。

私、中学・高校とバスケ部だったんですが、試合のルールが学生時代と変わっていて、はっきりいって、今のルールは分かりません。そもそも、私はクォーター制での試合をした事がありません。(マンガを読むのには、支障はないです。基本のルールが分かっていれば。)

ヘルドボールになったとき、ジャンプボールで試合再開ではないんですね。これはびっくりしました。スローインをするそうです。バスケマンガはスラムダンクが有名ですが、このマンガも現行ルールとは違っています。なんで、ルール改正をしたんでしょうか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

おめでとう♪

高校のときの友達が、赤ちゃんを出産しました。

同じく高校のときの友達と一緒に、病院へ会いに行ってきました。

赤ちゃん、かわいかったぁ。

目は開けなかったけど、ちょっと、むずがったりして泣いたり、手を動かす仕草が。

赤ちゃんて、無条件にかわいいです。

病室には赤ちゃんのパパもいたのですが、幸せな雰囲気があって、いいなー、いいなー、と思っていました。

私も、幸せな気持ちになれた一日でした。

また、赤ちゃんに会いたい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

はまっちゃった

DVDを借りてきました

これです。

宮 ~Love in Palace BOX 1 [日本語字幕入り] DVD 宮 ~Love in Palace BOX 1 [日本語字幕入り]

販売元:エスピーオー
発売日:2007/02/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

韓国のドラマです。良いです。面白い。役者さんも、かわいくて、カッコ良い人たちです。

現代の韓国が舞台となっていますが、韓国の王室が今も存在しているという架空の設定がされています。

主人公のチェギョンは、祖父と先代の王様が交わした約束のため、皇太子(シン)と結婚することになります。シンは、好きな女の子に一度プロポーズをしているんですが、断られてしまいます。皇太子の立場上、結婚は避けられるものではないので、チェギョンと結婚はするのだけれど、二人の生活はなかなか上手くいきません。

チェギョンは慣れない宮中生活を送るんですが、シンのいとこユル皇子がいろいろ助けてくれるようになります。ユルは本来なら皇太子だったんです。ユルの父親が皇太子時代に交通事故で亡くならなければ。ユルは、母親と共に本来の自分の地位を取り替えそうとすんですが、チェギョンを苦しめたくもなくて、と迷いだします。そんな中、シンもチェギョンへの意識を変えてきます。

二人の皇子様に囲まれてと、少女マンガの典型的パターンです。(原作は韓国の少女マンガ。)夢をみるなら、絶好の設定です。

チェギョンは現代っ子でかわいいし、皇子たちの性格は正反対で、シンとユルのどっちが好みか分かれると思います。

シンがだんだんとチェギョンを意識していく過程が好きですね。あぁ、いいぞ、ってドキドキします。

今まで、韓国ドラマに興味はなかったんです。冬のソナタ?別に、って感じで。ヨン様、カッコ良いと思わなかったし。

それが、チャングムの誓いにはまり(ジョンホ様が良かった。)、次はこれです。韓国ドラマ、当たるとヒットは大きいです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »