« なんて素敵な野球マンガ | トップページ | こんな高校生活を送りたい »

2007年3月31日 (土)

数年ぶり

マンガ、買いすぎです。

分かっているけれど、もっと読みたい。スポーツマンガが、個人的にブームです。

そんな中、今日は、このマンガを購入。

Book DEAR BOYS ACT2 (24)

著者:八神 ひろき
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

以前、途中まで買っていました。バスケットボールのマンガです。

主人公・哀川の所属するバスケ部がインターハイ出場を決めたところまで読んで、その後は全く読んでいませんでした。月刊誌だから、コミックスが出るペースが遅いんです。

15巻から買いました。

インターハイ、まだ終わっていません。長い。初めてこのマンガを知ったのは、中学生のときでした。(ACTⅡの前のとき。)ここまできたら、そう簡単に終わってほしくありません。

コミックスの表紙や中にあるカラーピンナップのキャラクターのポージングがカッコ良いです。

昔と比べると、絵柄もキャラクターの性格も変わってきていると思います。十年以上、連載しているからね。

当然、後付設定というのもあると思うんですが、天童寺の校長が哀川の父親でコーチが兄とういのは、当初からの設定だったのかが、何故か気になります。


« なんて素敵な野球マンガ | トップページ | こんな高校生活を送りたい »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/196485/6148322

この記事へのトラックバック一覧です: 数年ぶり:

« なんて素敵な野球マンガ | トップページ | こんな高校生活を送りたい »