« 今年の夏はこれ | トップページ | 刑事ものではなく警察もの »

2007年7月 7日 (土)

〇〇教室

中学生か高校生のころ読んだ『×(ぺけ)』というマンガに、登場人物が街で、「おとこ教室」と書いてある看板を見て、いったいどんな教室なのか、想像をめぐらせていたネタがありました。

落ちは、「おこと教室」と書いてあるのを勘違いしたというものだったのですが、私も同じ間違いをしました。

よく車で通る道に、その看板はあります。

なぜ間違えるのか。

平仮名で「おこと」と書いてあり、また、文字と文字の間隔が狭いので、パッと一瞬看板を見た場合、文字をイメージで捉えるため、間違えやすいのではないかと。

もうひとつ。料理をしたとき、砂糖と塩を間違えて、しかも、食卓で料理を食べ始めたときにそれに気づくという、古典的なネタがありますが、これも、経験有り。

砂糖と塩の粒の大きさも見た目も違うし、料理の途中に味見をするから間違えるわけないだろう、と思っていたんですが。

肉じゃがを作ったときにやってしまった。

砂糖と塩を入れる容器が同じなのがいけなかったのでしょう。味見に関しては、何回か作っていた料理なので、目分量でやっていたし、必要も感じていなかったのでした。


« 今年の夏はこれ | トップページ | 刑事ものではなく警察もの »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/196485/7074149

この記事へのトラックバック一覧です: 〇〇教室:

« 今年の夏はこれ | トップページ | 刑事ものではなく警察もの »