« ぱっくり | トップページ | 憧れた化粧品 »

2007年12月14日 (金)

読めない本

読書は好きですが、読むのはもっぱら日本人の作家さんの本。

翻訳物は、登場人物の名前が覚えられなくて、

何度も登場人物紹介のページを見たり、自分で書き出します。

それが面倒だし、テンポよく読むことができない。

知り合いから、読んだら捨てていいよ、と言われて貰った本の中に、

『彩雲国物語』の一巻があって、

少し読み出したところなんですが、

うまく読み進められない。

内容がどうこうではなく。

中国風の登場人物の名前や、

この物語で設定されている建物、土地の名前や階級制度の読み方が

一向に覚えられない。

初出のときには振り仮名をふってあるけれど。

ビーンズ文庫の本だからか、文章全体の振り仮名は多い。

『十二国記』を読んだときもそうだったな。

学生のとき、漢文も世界史も苦手だったしな。

『三国志』も『封神演義』もほんの最初で、読むのを挫折したし。


« ぱっくり | トップページ | 憧れた化粧品 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/196485/9393509

この記事へのトラックバック一覧です: 読めない本:

« ぱっくり | トップページ | 憧れた化粧品 »