« 文庫本 | トップページ | コンサート »

2008年5月15日 (木)

春ドラマ

わりあい、この春のドラマを見ている私。

テニスのミュージカルに出ていた役者さん目当てなのですが。

テニスで知るまで、全く知らなかった人たちばかりなので、

テニス以外で、どんな演技をするのか、興味があるのです。

昨日のブログにあるNHKのドラマとか。

3月までやっていたフルスイングも見てました。

あとは、ルーキーズ。

原作は読んだことなくて(ろくでなしブルースは読んでたんだけど)、

イケメンを揃えたと謳っているわりに、あまり興味はなかったのだけれど、

なんだろ、ああいうお決まりのパターンに弱いというか。

あと、高視聴率のごくせん。

メインの生徒6人に興味はありません。

その他のクラスメート。

テニスの子5人、出ているんです。

群集になっていると、坊主頭の子しか発見できません。

2代目の子が見たいのに。

そのため、ネットでスピンオフを毎回チェックしていたり。

そんな中、今日、バッテリーを見て、この春ドラマ一番のときめきを感じました。

初回からずっと見ていて、巧は、台詞まわしがなぁ、と思いながらも、

目つきがすごく好きで、

サワとヒガシの子の演技は表情が良くて、

監督はイメージぴったりだ、と思いながら見ていました。

今日の6回目で、やっと瑞垣が登場。

先週の予告を見てから楽しみで楽しみで。

このキャラのが巧のことを「姫さん」と呼ぶところ、好きなんです。

思いのほか、「姫さん」と連呼していました。

どういう風に瑞垣を演るのかな、と思っていたのですが、

なんかいいなぁ、という感じで。

テニスのDVDを見たときは、年上のお兄さんたちに

やたらと可愛がられていたシーンが多かったのですが、

先輩役を見れて、新鮮でした。


« 文庫本 | トップページ | コンサート »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/196485/20972352

この記事へのトラックバック一覧です: 春ドラマ:

« 文庫本 | トップページ | コンサート »